iPhoneの片手用操作メニュー(QuadCurveMenu編)

iPhoneを片手で扱える操作用メニューを作りたいと思ったのでちょっと調べたことをメモ。

CSS で作るスマートフォン向け片手操作メニュー

これCSSとjQueryなのか、スゲー。
でも、Viewコンテナーとして作りたいんだよなー、と思ったらインスパイア元があるらしい。

ちなみに今回のやつ、デザインは Dribbble に投稿された下記がイケてたのでインスパイアされてみた。

iPhone Search Type Nav (Path Inspired) by Eric Hoffman : Dribbble


エントリーのタイトルにあるように「Path」にインスパイアされてるらしい。
「Path」ってなんぞ?
とググってみたら、ちょっと変わったSNSらしく、その「Path」のiPhoneアプリのUIにインスパイアされてるらしい。

Mobile UI Patterns – CustomNavigation

おぉ、まさにこういうメニューが作りたかったんだよ。

サンプルになりそうなソースが公開されてないか探してみた。
QuadCurveMenu for iOS : Cocoa Controls
levey / QuadCurveMenu : github
ライセンスもMIT Licenseなのでクレジット表記で改変自由。

ARC対応してないソースだったのでARC対応を再度探してみたらあった。
flubbermedia / QuadCurveMenu : github
levey氏のソースからforkしたものだ。

画面左上の配置しか無かったので、6パターンの配置になるようにソースを修正。


左上、左中、左下、右上、右中、右下の順に1~6までの数字ボタンを割り当て、タップすると配置が変更するようにしてみた。
実機で使い心地を試してみたが、親指で操作する場合は中段の配置が一番便利かな。
メニューの展開が180度開く必要があるかは微妙だけど。
邪魔にならない前提を考えると実用的なのはやっぱり下段。
あとはボタンの透明度を上げるとかすれば邪魔な感じが減るかもしれない。

ソースはfork元同様、githubで。
nalabjp / QuadCurveMenu : github

広告

QuasiDisk

設定を忘れた時のためのメモ。

Mac側でアドホックを作成する。
AdHoc

アドホックに接続する。
AdHocCon

iPhone側でWiFi設定からAdHocに接続する。
iPhoneAdHocCon

QuasiDiskを起動する。
電波マークをタップして設定画面を開く。
Portを「5100」に設定して「FTP Server」を有効にする。
QuasiDisk

Mac側で「ネットワーク環境設定」から「プロキシ」を設定する。
「Webプロキシ(HTTP)」と「保護されたWEBプロキシ(HTTPS)」のプロキシサーバを「[iPhoneの名前].local」、ポートを「6666」に設定する。
「SOCKSプロキシ」を「[iPhoneの名前].local」、ポートを「5050」に設定する。
proxy

以上でテザリングできるはず。

iOSベータ版の有効期限

iOSベータ版の有効期限は公開日から公開終了日までの期間になってるっぽい。
とあるゲームで日付変更によるチートをして遊んでたら、公開終了日をすぎてしまったらしくアクティベート要求が。
有効期限のことなどすっかり忘れていたので「やっちまったー」って感じ。
まぁ何事も経験なので、諦めてバックアップから復元したのだけど、再度チートのために日付変更を過去に遡ることにしたら、またもやアクティベート要求。。。orz
普通に考えたらそうですよね、未来だけでなく過去もダメですよねw
という訳で再度「やっちまったー」ので自戒のためにメモしておく。

iTunesがバックアップファイルを認識しない

諸事情により、iOSをリカバリモードでbeta版からリリース版にダウングレードした時のデータの復元で、iTunesがバックアップファイルを認識しないという事象に遭遇したのでメモ。

結論!
iTunesはiOSのバージョンチェックをしており、インストールしているバージョン(今回はリリース版の5.0.1)よりバックアップ時のバージョン(beta版の5.1beta2)の方が高ければ、「バックアップから復元」のリストに出てこない模様。

メニューの「環境設定」→「デバイス」を確認すると、バックアップファイルが存在しているかどうかが分かる。
ここで確認できなければ恐らくバックアップ出来ていない。
バックアップファイルの保存場所は、「/Users/[USER NAME]/Library/Application Support/MobileSync/Backup」のフォルダに「IDのみ」若しくは「ID-日付-時間」のフォルダ単位で管理されていて、フォルダの一つ一つがバックアップのリストに表示されるようになっている。
バックアップフォルダ内のinfo.plistを開いて「Product Version」を確認。
現在インストールされているiOSのバージョンよりも、このProduct Versionの方が高い場合はバックアップリストに表示されない仕様みたい。
このProduct Versionをインストールしているバージョンと同じ数値に修正して「バックアップから復元」を開いたら、お目当てのバックアップが表示されるようになり問題なく復元できた。
1ヶ月近くバックアップしてなかったのでちょっと焦ったw

iOS5.0.1beta2

iOS5.0.1beta2はなんとなく良さげ。
どのくらい改善されてるかはあんまり体感できない。
だって、電池持ちが悪かった時がどれくらい悪かったのか数値化してないから。
まぁ、そのうち誰かが解説してくれるでしょ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。